スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ひとり神林フェア

さて、移動中や休憩中に少しずつ読み進めていた『今宵、銀河を杯にして』を読み終えました。

小説に、結果を楽しむものと課程を楽しむものの二つがあるとすれば、これは恐らく後者ではないかと思われる作品でした。
SFマインドの乏しい佐藤としてはオチはイマイチピンと来なかった感じですが(そもそも後半の展開が裏表紙でネタバレされているくらいだから、急展開とか驚愕のラストみたいなモノとは無縁の作品だと思いますし)佐藤的にはマヘル乗員3人の珍道中を見てるだけで十分面白い作品と言えましたし、できればもう1冊分ぐらいの外伝も欲しいと思うくらいでした。
舞台は戦場で登場人物は兵隊ですが(雪風でもそうだったけどこの人は戦場の中の個人を描く作品が好きなのだろうか)むしろロードムービーのような感覚だったと思いますし。
迷惑一番はラノベ的な面白さがありましたが、今宵は大衆小説的な面白さで仕上がっていたと思います。単純に年月による技量的な向上のたまものかもしれませんが。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。