スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロフィール画像を

動かしてみる。
流石に3人も居るとウザ・・・いえ、なんでもないです。

エアリスは真綾なんですよ?
スポンサーサイト

Comment

エアリス

真綾さん。すまん。


家庭用エアガイツのティファは皆口裕子だそうですが、どうでもいいですか…

ヤバい!?

そいつはちょっとした天秤ですよ!?

ちなみに、俺が確認した限りでエアリス=真綾嬢の初出は某ディズニーゲーなのですが、一番有名なのはFF7の続編のOVAですよね。
以降は定着した感がありますね。
ロックハート嬢は役者の方がやっておられたようです。
クラウドはAC版とPS版、さらにOVAで3回変わってるようですね。しかも3回とも豪華、なんてこった。

FF7

家庭用エアガイツのティファは声が色っぽいですよ…

「フはぁあン!!」(皆口裕子)


おまけのアクションゲームもなかなか面白かったかな…


FF7は新時代の古典派と言うか、
すっかりクラシカル(ファースト的)な雰囲気が定着しましたね。

丁度節目の

作品だけに、ちょうどそういう立ち位置になるんでしょうね。表立って大きな変更点が沢山なされましたし。かくいう佐藤も始めて『自分で買った』FFだったりします。RPGって結構貸し借りで済ませちゃうんですよね、子供の頃って。それで買ってたシリーズが真女神転生なんだからイヤなガキですが。

今やFFはさほど苦労せず全シリーズを遊べる時代になりましたが、やっぱり『それしかなかった』時代の感動ってのはそうそう取り戻せないモノだと思います。
佐藤は5が一番のお気に入りですが今もう一回やろうという気は起きませんし。もう3年ぐらい待つかFF4のようにヴォイスが入れば状況は変わるでしょうが。

まあ、ホントはsaga派なんですけどね。今の20代中盤選手にありがち。

FF5

5ですか。
以前お話された、好漢ギルガメッシュが出てくる作品ですね。

5はジョブシステムによる攻略の楽しみが開花した画期的な作品でした。

シナリオは「年寄りの冷や水」と揶揄されたりしますが。

中でもレナは好きなキャラです。
当時、竜騎士レナのドット絵は可愛くて格好良いと思っていました(お


サ・ガシリーズはロマサガからちらほら手を付けています。

好きなのはロマサガ2とサガフロ2です。
自分、皇帝系が好きなのかな…?

ロマサガ1のフリーシナリオシステムは実質的には
戦闘回数カウントによりイベントが勝手にスタートするシステムでした。

イベント開始に乗り遅れないように効率的に育てる必要があるわけですねぇ。

自分はグレイ、ガラハド、ミリアムのトリオが好きでしたよー。

クリアしたのはアルベルトでしたが。

流し斬りが完全に入ったのに

5は冒険譚!って感じで好きなんですよね、4や6よりは若干対象年齢が下がったような、それでも元気があるストーリーとキャラクターが物語をグイグイ引っ張るって感じの。
最終的にバッツ以外が全員女の子のパーティになるとか時代を先駆けてたと思いますし(笑)
ちなみに、俺も当時竜騎士がお気に入りでして、外遊び(そりゃあ小学生ですからネ)の時は好んで槍を武器にしたものです。

ロマサガは1だけマトモにクリアしてないんですよね、WS版まで持ってるのに。
黙々と戦闘だけを繰り返しているといつのまにやらラスボス送りという凄まじいゲームだったと思います。先日山崎まさよし氏が歌うリメイク版の主題歌を聞く機会があったのですが、あの曲は泣かせますね、思わずリメイク版を所望しそうになりました。まあ、安いので機会を見て欲しいとは思いますが。実際好きな人にはすごくいいゲームらしいですし。

2は佐藤的にも思い出の深いゲームになっております、割と最近クリアしましたし。子供の時ってどうしても武器一本に頼りがちになるので、魔法の育成を怠ってクリアできなかったんですよ。それで最近3週ぐらいしたのですが、なんどやっても新しい発見がある、凄い。何より今やっても全然退屈に感じないっていうのが凄いですね、昔もクリアできないながら散々やってたはずなのに。多分今後も2年に1回ぐらいはクリアするゲームになることでしょう。早急に携帯機でのリメイクを所望するのですが…

サガF2も最近までやってたんですよね、クリアには至らなかったというか、コレも下準備が大変な作品ではあるのですが。セーブ位置によっては二度と戻れなかったり、キャラ育成のタイミングが限られてたりとシビアなゲームだったと思います。何よりラスボスが強い強い。
ストーリー的には信長+ジョジョの奇妙な冒険といった印象を受ける作品でした。表と裏の歴史が巨大な敵の前に1本に繋がっていく姿がサガF2の肝だと思います。

今、GBのゲームをプレイする気合があるのであれば、一度サガ2をプレイして欲しいです。佐藤が人生で初めてプレイしたRPGであり、今でも大好きな作品なので。
リメイクもされてませんし、少々探すのが大変かもしれませんが。

信長とジョジョ

サガフロ2が信長とジョジョと言う比喩に一瞬考えて、
その後思わず盛大に吹かせていただきました。


確かに信長とジョジョの同時進行でしたねぇ…アレは。


割とキャラの名前があやふやなので後で調べて見ます。


ジョジョ編中心な思い出ですが。

・いつもはいがみ合っているがいざという時は絶妙な掛け合いで助け合う主人公と魔術使い。

・進行次第で殺されてしまう主人公の嫁さんになる槍使いのキャラ。

最終章で登場する孫がやよいみたいな元気いっぱいの女の子。


…うろ覚えでスミマセン


おや。
今、真綾のラジオ始まりましたよ。TBSラジオですが。

IDもビタミンMも

携帯の電波すら弱い我が家です。暖かくなったら携帯ラジオ買ってきて近所の公園にでも繰り出そうかなぁ。あれ、IDは終わったんだっけか・・・?
しかし真綾嬢、デビューから一度も看板番組を欠かしたことが無いそうで、一流のパーソナリティですね。

佐藤は割とアニラジの人なのですが、アニラジ関係は今はインターネットラジオが主流になって聞きやすくはなってますね、とはいえ昔ほど夢中になって聞かないですが。
民放各局も真似すればいいのにと思いますが、やはり遠くの電波を一生懸命受信した経験上、人間多少の苦労があったほうが物事には夢中になれるモノだと思うので、考え物ですね。

相当意識してたと思うんですよ、ジョジョは。ウィル編のラストの舞台が船上だったりとか、親子三代の因縁とか(ジョジョはもっと長かったですが)
特にジニー編に入ってからは第三部の香りが漂ってきますよね。置いてなお現役のウィリアム翁とか。
ジニーがリッチの末路を知るシーンなんかは、結構印象深いイベントだったと思います。あとはグスタフがギュスさまの剣を受け継ぐシーンとか。世代がテーマのひとつであったのかもしれません。
あと、サガF2は女の子のグラフィックが皆可愛い。グラフィック全体の魅力もあるのですが。
ただ、ゲーム難度とか設定補完の問題でアルティマニアと1セットで神ゲーという評価が一般的なようです。中古相場も物語ってますし(泣)
年表の裏で巻き起こる物語という点では、FSSに通ずるところもあったのかもしれません。
PS時代のスクウェアの作品は本当に粒ぞろいというか、売れるには売れたんでしょうが最終的には知る人ぞ知るって評価の作品が多かった気がします。
佐藤的にはお気に入りは聖剣LOMとFFTでしょうかね。FFTはPSPでクリアしたのですが、LOMはもう殆ど忘れちゃってますけど。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。