スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐藤と

まあ、あんまし見ないほうがいいかも 佐藤が何もしないでぼうっとしてると、ある人に「漫画を練習しろ」と尻を叩かれて、その状況がいつもの我々を知ってる人が見るとビックリするぐらいギスギスであり、佐藤は凹んでますますサボるわけなのですが。
まあ、ひとえに原因は佐藤が佐藤に好意的な意見を持っている誰よりも自分のことを信用してないからに他ならないのですが。
まあ、なぜ自分を無視した顔も知らない大多数の評価は信じられて、大切な友人が自分を信じる言葉は信用できないのかと言われたら立つ瀬が無いのですが。
むしろ俺はどうしてそこまで俺の可能性を信じられるかが知りたいんですよね。どう考えてもダメだろ、佐藤は。
まあ、自戒というか自嘲というか。折角時間があるのに修練する気が起きないのでなんかこう溜まった泥を吐き出す感じで。
最低だな、俺は。きっとこの弱気がいずれ俺から全てを奪っていくぞ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。